朝、光を浴びることで25時間から24時間の状態に戻ります。翌朝目が覚めてから、再度問題にむき合ったほうが良い解決法が思い浮かぶ事は良くありますが、その日にあったイヤなことは、次の日に引きづらないほうがすぐに眠れるでしょう。男性の場合は、論理的に考える傾向が強いため、淡々と話を聞いて、気分を害するようなことを言いかねません。
ただ、聞いて貰えばそれでよし、のはずが、さらにこちらがイヤな気もちになり、言いあいになってしまいます。
ぶうたれる場合は同性が良いでしょう。では、男性の場合はどんな方法がよいでしょうか?男性は、基本的に「相手より上に立ちたい」という意識が高いため、御友達同士でも弱点を露呈するようなことはしません。したがって、女性と同じ様に、「御友達に話して解消」は厳しいでしょう。

だが、どうにもならないようなことが立つつづけにある事もあるでしょう。心に負荷がかかり夜就寝することが出来ない。
これが「ストレス」です。
ストレスが原因で寝れない日が続くと、うつ病になることがあります。鬱になると、やたら眠くて仕方がないという症状が生じる事もあるでしょう。
夜、ベットに入ってもナカナカ寝付けない。悶々とした時間を過ごした挙句、明け方頃に何とか就寝することができ、朝は遅刻ギリギリの時間でないと目が覚めない。
そんな経験したことありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>