とり所以お年寄り(従来型の老人ホームではなく、共同で生活できるスタイルのマンションなどが人気を集めているそうです)や子どもの場合、体温調節が上手く出来ず熱が体内にこもってしまいがちですし、本人が感じ取ることができないということもあるため、周りの大人たちが気を配る必要があるだといえます。仮に外で長時間作業をしていたときや何かスポーツをしていて気分が悪くなったときには、ただちに涼しい場所へ移動して下さい。

年配者や子供も一緒で周囲の大人が気を配り、可能な限り早めに見つけることが大事なのです。

毎年夏が来るたびに熱中症のため具合が悪くなって病院にかかったり、救急車で搬送される人が1日当たり数百人、数千人もいたといったニュース番組をよく見かけます。悪化してしまうと吐き気や嘔吐、頭痛などの症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出て、それ以上悪化してしまうと意識障害またはけいれんなどが現れ、最悪の場合には死んでしまうこともあるほど恐い病気です。この外的要因と内的要因が重なった場合に熱中症が起こる確率が高くなります。
ですので、気温が梅雨の期間中は涼しかったのに梅雨も終わる7月ごろに急に気温が上がることにより体が順応することができず、熱中症となってしまう人が一気に増えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>